top of page
  • 執筆者の写真青桃

『赤い衝撃』青桃だけれど…

それは昨日のことだった。 風呂上りに、左足を一歩脱衣所に踏み出した瞬間、その衝撃は走った。 壁際には、皺くちゃに折れ曲がったバスマットの残骸が… 取りあえず、空いている左手でカウントを取る。 「ワン、ツー、スリー」青桃、まだ立ち上がれない。 引き続き、カウントを続ける。 「フォー、ファイブ…」 テンまで数えゴングが鳴り響こうとも、青桃、全然立ち上がれない。 「落ち着け、落ち着け、深呼吸をして。ホットコーヒーでほっこりしていることでも想像して…」る場合か! すっぽんぽんのフルモンティーだよ! 今度は、空いている右手で洗面台の縁をつかむ。今度この手を離そうものなら、目も当てられない。必死で洗面台にしがみつく。 然して、どうにかこうにか立ち上がり、二足歩行にて脱衣所より脱出した。

そんなこんなで、今朝からケツが痛い。 今日一日の仕事のうちで、もっとも腰が痛かったのは、 “シャッター棒をはずす作業”だった。 この際、腰痛持ちのメランコリックな気分を十二分に堪能しておこう。 マイナスのインシデントをも書くための肥やしに変えていく。青桃は貪欲なのだ。 ついでに実験もしてみた。 こんなポーズをとって、腰痛に響かないかどうだか…なんてチャレンジャーな。 先ずは、180度前後開脚。痛くな~い。実は青桃は体が柔らかい。 ついで、Y字バランス。痛くな~い。 最後に、立位からのブリッジ。全然痛くな~い。 どうやら筋肉や筋には異常はないようだ。 調子に乗ってローテーブルからジャンプしてみる。 「痛って~!」 これはきっ~く!飛び降りた途端に飛び上がった。 次に、だるまさんの格好で、床で腰のあたりをごろんごろんしてみる。 「痛いタイタイタイ…」 床の上でかたまってしまった。 「これは骨だな…どうやら長引きそうだ」 腰にコルセットを巻きながら、そう思った。

お粗末。。。


閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

書籍

Comments


bottom of page